スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
お菓子の国

"What if Earth is made of candy?"
(地球がお菓子で出来てたら?)


息子が言い出した。お菓子の国って、子どもだったら誰もが考えることのように思う。子どもじゃなくても、自分の周りがすべてお菓子で出来ていたら、と考えたら楽しくなってくるものだ。

しかし、最近、彼には砂糖の獲り過ぎは良くない、という意識がある。僕の顔色を伺いながら、少し言い直した。


"What if a half of Earth is made of chocolate and the other half is made of vegetables?"
(地球の半分がチョコレートで出来ていて、残りの半分が野菜で出来ていたら?)


優等生的な回答だが、野菜半球にいなければ何の意味もない。空想の中では、彼はチョコレート半球に住んでいるに違いない。意地悪だと知りながら、どっちに住みたいのか聞いてみた。


"I will be in the middle."
(真ん中がいいかな)


話の流れを読まれてしまったようだ。まあ、砂糖ばかりではいけない、という意識があるだけでもえらいように思う。実際問題、お菓子の国と野菜の国があったときに、野菜の国を選ぶ子どもは、むしろ変わり者の部類に入る。

空想はさらに発展して、どこでも食べ物があったら、と考え始めた。


"What if Earth is full of foods? When you eat food, new one pops up. You don't even have to pay the money."
(地球に食べ物があふれていたら?食べたら、新しい食べ物が出てくるんだよ。お金も払わなくてもいいんだよ。)


なんだか、フォーク歌手みたいになってきている。それでも、そうなったら便利だし、地球上から飢餓の心配も消える。以前、飢餓の問題が話題に上っていたので、それが意識に残っていたのかもしれない。これも悪いことじゃない。

しかし、そうなったら、お金を払わなくていいことは、あまり関係ないのではないだろうか。そのお金はどうするのか聞いてみた。


"You save the money, in case it gets back to normal."
(お金は貯めておくんだよ、もとの状態に戻ったときのために。)


そう来るか。

空想の世界に、現実の世界が顔を覗かせた瞬間だった。6歳が近づいてきた息子の世界を象徴したような台詞だと思った。
スポンサーサイト


テーマ:保育園児日記 - ジャンル:育児

未分類 | 18:25:14 | Trackback(1) | Comments(3)
コメント
はじめまして。「父親ブログ研究所」というブログをやっていますチッカーと申します。

子育てに頑張るお父さんのブログを紹介することで情報交換、情報共有できればと思っています。その中にお父さんブログリストというのがあり、リンクをさせていただいております。

もし、不都合がありましたら、お手数ですが、下記にコメントしていただけますでしょうか。
よろしくお願いします。

http://otosanblog.blog31.fc2.com/blog-entry-20.html
2006-02-20 月 15:17:24 | URL | チッカー [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012-07-22 日 07:45:44 | | [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-02-07 木 04:42:54 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

-
管理人の承認後に表示されます2012-11-21 Wed 18:09:37 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。