スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
エイリアン襲来

"Nobody, except for astronauts, can reach the outer space,
even dinosaurs, right?"
(宇宙飛行士以外は、誰も宇宙にいけないんだよね。恐竜だっていけないんだよね?)


息子が聞いてきた。その通りだ。言葉遊びになってしまうが、人類で宇宙に行った人は例外なく宇宙飛行士と呼ばれる。そして、恐竜が宇宙に行ったことを示すものは見つかっていない。

でも、宇宙人は宇宙にいけるのだ。軽く言ってみたら、


"There is no such a thing as alien."
(宇宙人なんて存在しないんだよ)


と淡白な答えが返ってきた。それはそうなんだけど、確証無しに決め付けるのはよくない。どうして言い切れるのか聞いてみた。


"They make a mistake and get too close to the earth. Then they die."
(宇宙人は、間違って地球に近づきすぎて、死んでしまうんだよ)


そうか。存在しないというのは不正確で、地球に近づいた瞬間に死んでしまう、ということらしい。なぜ死ぬかというと、


"They need space oxygen. Even in a mask, there is too much oxygen here
so they die."
(宇宙人は、宇宙酸素が必要なんだよ。マスクをかぶっていても、地球には酸素がたくさんあるから、死んじゃうんだよ)


なるほど。確かに地球上には宇宙酸素はない。呼吸ができなければ、宇宙人だって生き延びられないだろう。

話はここで終わらなかった。


"Then the spaceship becomes a playground."
(そしたら、宇宙船が遊び場になるんだよ。)


という豆知識を披露してくれた。でも、すべての遊具が宇宙船の残骸ではないらしい。そういう遊び場も存在している、ということだそうだ。息子は、残念ながら、そういった遊び場を自分では見たことがないらしい。

宇宙人が存在しないという事実と、宇宙船の残骸が存在するという事実は矛盾しているように思うが、あまり気にしないことにしよう。僕が古典物理学に毒されているだけで、先端科学の分野では、息子の理屈が正しいのかもしれないし。

いずれにしろ、宇宙人には、地球上で宇宙酸素を確保する技術はないようだ。万が一襲来してきても、恐れることはない。なんだかわからないが、安心してよさそうだ。
スポンサーサイト


テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

5歳の科学 | 16:13:09 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
鰻ダイエットの情報
土用の丑に夏バテ防止に鰻を食べる習慣があることからも分かるように、鰻は非常に栄養価の高い食品です http://rotundity.thriftystmartin.com/
2008-10-24 金 23:29:34 | URL | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。