スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大きな風船
息子は最近、自分で風船を膨らませるようになった。


"I can blow up a balloon all by myself."
(ぼくひとりで風船をふくらませられるんだ)


と得意げだ。あまりにうれしかったのか、誰々の誕生日には、床一面に風船を敷き詰めるとか、今度公園で遊ぶときには公園中風船で埋め尽くすとか、風船を無限に使った企画を夢想している。世の中の風船は、すべて彼の支配下に納まってしまったかのようだ。

そんな企画を話すごとに、


"Can you believe it?"
(信じられないよね!)


と相槌を求められる。すごいよね、という以外は返事に窮してしまう。まあ、どうせ僕の返事は何も聞いていないので、別にそれは問題にはならない。そうこうしているうちに、風船の企画を次々に打ち立ててくる。

ただし、風船界の帝王となった息子も、ひとつ気を使っていることがあるらしい。小さい子がいる前では、大きな風船は作ってはいけないそうだ。

確かに、割れて大きな音を立てたら、小さな子どもは怖がるだろう。そして、割れたときのゴムの破片を間違って飲み込んでしまうと、窒息の原因になる(*1)。これはいい心がけだ。

と思いきや、そういう理由ではないらしい。


"A big ballon has too much air. It is too dangerous for little kids."
(おっきな風船にはたくさん空気が入っているでしょ。それがちっちゃい子にはすごく危ないんだよ。)


だそうだ。詳しく説明を聞くと、割れたときに多量の空気が発散されるため、小さな子どもは吹き飛ばされてしまう、ということだそうだ。

帝王には帝王なりの気遣いがあるようだ。ただ、ちょっと漫画の影響が強すぎるような気がする。


(*1) これが危険ということで、こちらの子ども病院では、ゴム風船の持込は禁止されている。さらに、天然ゴム(latex)アレルギー症者が増加しているため、昔ながらのゴム風船は危険なものとみなされるようになってしまった。その代わりに、病院では、foilあるいはmylarの風船(詳しくはよくわからないが、要はテカテカのやつ)が一般的になってきている。息子の幼稚園では、まったく気にしていないようだが。
スポンサーサイト


テーマ:遊び - ジャンル:育児

未分類 | 15:33:06 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
かわいい~。
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

風船が割れると赤ちゃんは吹き飛ばされるのかぁ。
なるほどねぇ。
確かに、確かに!吹き飛ばされそうな感じはするかも(笑)

息子さんの発想を読むたびに、そうだよね、なるほどねぇ。と納得したり感心したり、非常に興味深い懐かしく新しい発想に私まで若返ったように勘違いさせられます(笑)
今年も若返りブログ楽しみにしています^^
2006-01-05 木 14:28:12 | URL | ごま [編集]
ごまさんへ
あけましておめでとうございます。こちらこそ、今年もよろしくお願いします!

このブログを書き始めたころは、この先息子の意味不明な発言も減っていくんだろう
と思っていたのですが、むしろ増えてきているように思います。

それなりに考察能力がついてきているのに、知識が追いついていないため、
ますます独自の理論を展開してきているようです。

時々鬱陶しく感じるのですが、毎日妙なことを言っているので、丁寧に聞いて
記録していきたいと思いますー。
2006-01-06 金 14:56:53 | URL | hop [編集]
フラボノイドの美容効果
フラボノイドは植物に含まれる色素成分の総称でポリフェノールの一種です http://valuation.crosstudio.net/
2008-10-27 月 21:42:13 | URL | [編集]
バレリアンで痩せる
バレリアンはヨーロッパ原産のオミナエシ科のハーブで、古代ギリシャ時代から安眠を誘うハーブとして利用されてきました http://fado3.crosstudio.net/
2008-10-28 火 14:01:21 | URL | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。