スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
子どもの時間軸
先週から幼稚園は冬休み期間で、普段と違うカリキュラムになっている。

詳しくはわからないが、担当の先生も日替わりになっているようだ。今日は、去年息子が習っていた先生が担当していた。僕とその先生は、半年前までは毎日、送り迎えの時に顔を合わせていたので、お互いに全く珍しい存在ではない。

突然、息子が予想外なことを言ってきた。


"I know her name. It is Miss ***."
(あの先生の名前しっているよ。 ***先生だよ。)


そんなことは今更言われなくてもわかる。唖然としていると、彼の説明が続いた。


"You know that teacher was my teacher long time ago? That's why I know her name."
(あの先生ね、ずっと前ぼくの担任だったんだよ。だから名前をしっているんだよ。)


微妙に話が食い違っている。その場はこのまま流したが、後から考え直したら、何がどう食い違っているのかわかったような気がした。

人間の時間感覚は相対的なものだ、という話を聞いたことがある。今まで生きてきた年数に対する割合が、体感時間になるというものだ。たとえば、同じ1年でも、3歳児は30歳の人間と比べて、10倍長く感じている、ということだ。

直感的に納得のいく理論だ。これによって、歳をとるにつれて時間が経つのが早くなる感覚も説明できる。

この理論を受け入れると、僕と息子の会話でのズレは、時間の感覚の違いによるものとなる。息子は、その先生に習っていたのは遠い昔の話で、僕が覚えているはずがない、と考えたのだ。なんとなく合っているような気がする。

さらに、この理論を用いると、もっと小さなレベルでの食い違いも説明つく。息子には、「先週食べたばかりじゃないか」とか「先週行ったばかりじゃないか」という説得がなかなか通用しない。わがままなだけかと思っていたが、実は彼にとっては十分長い時間が経っているということなのかもしれない。

本当に正しいのかどうかはわからないが、とりあえず十分説得力があるので、僕はこの説明を受け入れることにしよう。

そして、息子の相手にするときは、この相対時間感覚を考慮するよう、心がけていこうと思う。

ただし、理解はできても、僕らには子どもの時間感覚に合わせること、ましてやその時間軸で生きていくことは不可能だ。時間を長く感じることが出来るなんて、うらやましい限りだ。
スポンサーサイト


テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児

未分類 | 18:36:29 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
これは初めて聞きましたが、思い当たることが多すぎてビックリしてます。 
わたしも同様、説得力ありすぎのこの定義を受け入れることにします!(笑)
そういえば、うちの5歳の息子たちも、今年の夏の話を「僕が小さかった頃にね、」という前置きで話すことがよくあります。 
私たちの話すときの口真似だけかと思っていたけれど、彼らにとっては本当に遠い昔を懐かしんでいるのかもしれないんですねぇ(笑)

あっという間の一年だったな~なんてため息をついてる今日この頃ですが、子供のように1分1秒をもっと一生懸命に生きていかなくてはいけないということでしょうか? 
興味深いお話をいつもありがとうございます~
2005-12-31 土 02:16:20 | URL | なな [編集]
最近すっかりご無沙汰してました。

ドイツはつい先ほど新年を迎えました。

昨年はhopさんのブログにはいろいろ教えられたり、
息子君のおもしろい発想に笑わせていただきました。

この時間の話もおもしろいです。
そういえば、小学生の時の6年間って今から考えても
ものすごーく長かったなーと思います。
中学校の先生には、二十歳過ぎたら30まであっという間だよと
言われたのを覚えてるんですが、ほんとにその通りでした。

この調子で気がついたらおばあちゃんになってたなんてことに
ならないように私も時間を大切に充実した日々を過ごしていきたいな、
なんて思いました。

2006年も引き続きよろしくお願いします!
2006-01-01 日 08:31:51 | URL | ちゃーち [編集]
ななさんへ
コメントどうもありがとうございました。

今度は僕の方がびっくりしているのですが、うちの息子も、今年の夏の話を「僕が小さかった頃にね、」
と前置きして話します。これって、偶然じゃないような気がします。5歳児の世界では、「俺がガキだった
頃」は、今年度開始前を指すのが一般的なのかもしれません(w

そして、僕もあっという間の一年だったと、ため息をついています。すごく悲しくなるのが、「あれ、あれって
今年の初めの出来事だったっけ?それとも去年の初めの出来事だっけ?」と迷うことがあることです。
自分の中では、2004年と2005年がごっちゃになっていたりします。悔しくも悲しくもあるのですが、
子どもを見習って、一瞬一瞬を大事にしていきたいですね。

また、時間って意外と長んだ、と子どもを見ながら自分に言い聞かせることも効果があるかも、なんて
考えてもいます^^;

あと二時間ほどで、西海岸も新年になります。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2006-01-01 日 14:52:28 | URL | hop [編集]
ちゃーちさんへ

コメントどうもありがとうございます。

こちらのほうは、あと2時間ほどで新年になります~

(とりあえず新年になったものとして)

昨年はこのブログにもお付き合いいただき、どうもありがとうございました。頻繁にコメントもいただき、
感謝しております。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

双子娘の話題も出したいのですが、それは引き続き妻の方に譲る方針で進めていく予定です。

時間の問題ですが、なんとも厳しい現実ですよね。しかし、それでちゃーちさんの言うように、一日
一日を大切にしていけるのなら、そんなに悪いことじゃないのかもしれません。限りある資源だから
こそ、その価値がわかる、みたいな。かなり苦しいですが^^;

個人的には、若い世代にむかって、「歳とったら時間経つの早いよ~」ということは言いたくないよう
な気がします。って、完全な強がりですね^^;
2006-01-01 日 14:53:04 | URL | hop [編集]
アンタイドローンで30代女性の転職を考える
アンタイドローンとは、使用使途に制限がない貸付のこと http://untold.ellingtonrecords.com/
2008-10-29 水 19:44:24 | URL | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。