スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
骨への執着
息子は骨に対する執着が強い。

ここでも何度も話題になっているように、怖いものとしてガイコツを話題にするし、知識として人間の骨のことを知りたがる。ここ一年程度で、彼の興味の対象は大きく変化してきているが、骨に対する情熱だけは継続している。

そこに新たなネタが飛び込んできた。どういう流れだか忘れてしまったが、人間は死ぬと焼かれて灰になる、という話をしたのだ。軽く流すつもりだったが、骨の匂いを察知した息子は過敏に反応してきた。

“Are there ashes in bones?”
(骨の中には灰が入っているの?)

目を輝かせて的外れな質問をしてきた。

そういうものじゃない。しかし、僕は彼に理解させるだけの題材を持っていなかった。燃焼に伴う化学反応が、などつ苦しい説明をつけてみたが、全く役に立つわけがない。

“I want to see real bones and ashes inside!”
(本物の骨と、その中の灰を見てみたい!)

だから、骨の中に灰が入っているわけではないといっているのに。そして、中に灰が入っているんだったら、灰になった後の骨はどこに行くのだ。さらに言うと、本物を見て、何を確かめたいというのだ。

それにしても、作り物のガイコツを怖がるくせに、本物の骨が見たいなどとよく言えたものだ。まあ、一般論として、子どもは生体器官への恐怖心って薄いような気がする。血や傷口を見ても、僕らほど気持ち悪がらないように思う。

いずれにしろ、息子の骨への執着は、さらに強まってしまった。

時期が時期だけに、大きな心配がひとつある。彼がサンタさんに「本物の骨」をお願いしかねないのだ。

まずは、人間の骨は人間から取り出すしかない、ということから理解してもらわないと。

PS

アメリカの郵便局による、サンタへの手紙の書き方なるものがあった。

神様にも同じ方法で書けるとのこと。ユーモアのつもりだろうが、あまりにいい加減だと思う。後処理に困るので、息子には黙っているつもりだ。
スポンサーサイト


テーマ:子供のマイブーム - ジャンル:育児

5歳の科学 | 15:44:57 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
この前3年生のアートの授業で、エジプトのマミーの勉強をするのを手伝ったんですが、3年生の人間の体に対するイメージも、息子さんと似たようなもので面白かったです。 私たちも小さい頃は似たようなことを思っていたのでしょうが、忘れてしまうものですねぇ。。。(笑)

サンタへの手紙、、、こういうサービスは私も利用したことはないですが、ユーモアというよりも子供に夢を与える為のひとつのジェスチャーだと捉えていました。  
こちらは冬休みに突入しましたが、学期末の教員の間では、先日1年生のクラスで「サンタなんて本当はいない」という話をして父兄から苦情を受けたという先生の話題が出ていて、子供に対する大人の発言の責任というものをもう一度考える機会になりました。  
子供の想像力の行きつく先を決めるのは、やっぱり子供であって欲しいというのが私の気持ちですね~w
2005-12-20 火 03:49:11 | URL | なな [編集]
はじめまして。
こんにちは。
はじめまして、ごまと申します。
とても楽しいブログですね^^
読んでいて自然と笑みがこぼれました。
息子さんの発想がとても楽しい!
また遊びに来ます。
2005-12-20 火 05:52:48 | URL | ごま [編集]
ななさんへ
コメントどうもありがとうございます。

3年生でマミーとは、随分進んだことを勉強しているんですね。そして、いかにも子どもが興味を持ちそうなトピックじゃないですか。意味不明な質問の連続だったのではないでしょうか^^)

僕たちも、きっと同じような発想をしていたんでしょうね。だからこそ、子どもの発言に笑える(=共感できる)部分があるんだと思います。

サンタの話、難しいですよね。正直言って、どこで社会科学や自然科学と、想像との線を引くのか、僕にはさっぱり分かりません。例えば、雲がアイスクリームで出来ている、という子供がいたら、それは修正すべきだと思います。でも、じゃあ、それとサンタの話がどう違うんだと問われたら、何も言えなくなってしまいます。

さらに、アメリカだと、科学と宗教のもみ合いもあるじゃないですか。ちょっと考えただけでも頭が痛くなってきます。ななさん、本当に大変なお仕事をされているんだと思います。

そして、サンタへの手紙ですが、新たに専用zipコードが設定されたそうですね。ついさっき、ラジオで言っていました。これ、制度としては子どものためだと思うのですが、運営している人たちが楽しんでしまっているような印象を拭えません^^;
2005-12-21 水 17:04:46 | URL | hop [編集]
ごまさんへ
はじめまして。コメントどうもありがとうございます。

5歳児の発言って、本当に突拍子もないことばかりなので、出来るだけここに記録していこうと思っています。
これからもどうぞよろしくお願いします。

ごまさんのブログにも遊びに行かせてもらいますねー。
2005-12-21 水 17:05:29 | URL | hop [編集]
温熱療法と太ももダイエット
温熱療法とは、身体や幹部をを温めて免疫力を高めたり自然治癒力を促すための治療法で、主に温熱治療器を用いて行われます http://galleass.sabellsenterprises.com/
2008-11-03 月 01:54:18 | URL | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。