スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Food drive
今日はThanksgiving(感謝祭)だ。

この日は、家族揃って七面鳥などのお決まりの料理を食べることになっているが、当然食べられない人たちもたくさんいる。そういった人たちに、ボランティアが食事を振舞う、というのがアメリカでの季節の風物詩になっている。

資金は募金で賄われており、あらかじめ"1.5ドルあれば、もう一人感謝祭の夕食をいただくことができます"といった宣伝文句で募金を集める。僕がどうこう言えるものではないが、この競争重視の社会でも生きながらえている素晴らしい風習だと思う。

同じような発想で、food driveという活動がよく見られる。これは、缶詰など長持ちする食品を、職場、学校、近所などで一定期間収集して、食事に困っている人々に寄付する、というものだ。もちろん、直接配って回るわけではなく、専門の団体に寄付という形をとる。これはこれで、立派な社会的自助機能だ。

普通に考えると、この二つはパックにしたくなる。

ということで、あちこちでThanksgivingのfood driveが行われることになる。

息子の幼稚園でも、food driveが実施されていた。子どもに社会問題を考えさせる効果もあるので、歓迎すべきことだ。ただし、それだけでは幼稚園児は盛り上がらないので、それなりの工夫が必要になる。

そこで幼稚園が考え出したのが、"缶詰をひとつもってきたら、名前を書いた紙を一枚壁に貼ろう"というものだ。food driveにゲーム性を持たせることができ、かつグラフの勉強にもなる、ということらしい。

当然、子どもたちは大喜びで、缶詰を持って行き始めた。

と、ここで少し疑問が生まれてくる。以前書いたように、カトリーナ救援募金では、クラスごとの競争という設定であった。最終的に息子のクラスが一番金額を集めて、"We won!"(僕たち、勝ったよ!)と大喜びしていたのだ。これでは明らかに何かがおかしい。今回も同じような結末を向かえるのではないだろうか。

まあ、ここで目くじらを立てても仕方がない。とりあえず、昨日の段階で結果が出ているので、どのクラスが勝ったのか聞いてみた。

"Dad, this is not a contest. It is about helping poor people."
(あのね、これはコンテストじゃないんだよ。貧しい人たちを助けるためのものなんだよ。)


と即座に切り替えしてきた。幼稚園で対策を立てたのか、子どもたちがしっかりしているのか、いずれにしろ余計な心配だったようだ。


そして、世界中さまざまな問題が山積みの今日、こんなに呑気でいられることに、僕たち親子は感謝したいと思う。


にほんブログ村 子育てブログへすでに圏外のようですが、ランキングです^^;
スポンサーサイト


テーマ:行事 - ジャンル:育児

未分類 | 17:16:56 | Trackback(1) | Comments(4)
コメント
子育てブログランキング
はじめまして、この度、子育てブログランキングサイトを作りました、きっずねっとの今脇と申します。
子育てブログランキング http://www.yoshincha.com/blog/html/index.html

貴サイトを見せていただき、是非登録していただきたく、ご連絡させていただきました。
2005/12/1時点より毎月1位の方に当社の子供服の無料進呈なども検討しております。
来年より飛び賞で進呈も予定しております。
バナーもとても可愛く、HPのイメージを崩しません!
子供服のサイトの方は 子供服のよしんちゃ http://www.yoshincha.com/shop/index2.html となっております。
是非この機会にご登録願えたらと思います。

2005-11-26 土 00:55:55 | URL | 子育てブログランキング [編集]
food driveについて以前テレビかなんかでみたことが
あったような気がします。
ドイツでは食料を寄付しようっていうのはあまりないのですが、
水面下で食べ物に困っている人はたくさんいるという話も聞きます。

幼稚園でのfood drive、またかな?なんて思ったら、
息子君の立派な答え。
遊び風でも子供たちはその中でしっかり学んでいるんですね~

私個人としては、寄付だけで満足しないでどうしてそんなに貧しい人たちが存在するのかも考えていかなきゃいけないのかな、なんて思いますがそれはまだまだ難しすぎますね~ 私自身よくわかってないんですけどね(^^ゞ
2005-11-28 月 09:21:30 | URL | ちゃーち [編集]
ちゃーちさんへ
コメントありがとうございます。

飢餓の問題って、本当に難しいんだと思います。政治的にも微妙だし、感情も絡んでくるし、素人がどうこう意見できる社会問題ではなさそうですよね。

自国で飢えに苦しんでいる人がいる状況で、海外の飢えを無くそうと叫んでいる人たちもいるし。気持ちは分かるんですが、ロジックがよく分かりません。

そんな状況下で我々に何が出来るのか?結局のところ、働いて、少しでも多く税金を納めることが近道なのかもしれません。あとは、どんなに信用できなくても、政治家に任せた方が確実なのかと。

なんかそれもまた間違っているみたいですね^^;

そして、子どもたちにはどう理解させていけばいいんでしょう。彼らには文字通り、”自分で食べていけるよう”努力させるわけじゃないですか。じゃあ、食べていけない人の存在って何よ?という話に当然なってくるわけです。

人の痛みをわかるやさしい人に、なんて言うことは出来るんですが、状況はもっと複雑なわけですし。。。

やっぱり、子どもに教えるのって、大変なことですね。また気が重くなってきてしまいました^^;;

2005-11-28 月 16:17:12 | URL | hop [編集]
ファイアーウォールと30代,40代の転職
ファイアーウォールとは、防火壁のことをいう http://batle.misterblackband.com/
2008-11-15 土 06:05:05 | URL | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

難航する資金集め~小児脳外科医と財務局長の兼務が激務に
AMDA兵庫 の財務局長となって最初に手がけた募金箱の設置では、神戸市薬剤師会様のご援助により順調な滑り出しを見せたが、その後もいろいろと手がけてみた。次におこなったのが、ネパールグッズの販売。これも誰でも思いつく方法だ。国際ボランティアだから、ネパ 2005-12-07 Wed 11:24:41 | 日本一変わった脳外科医~「高麗人参果実搾り・スクイーズ2200」誕生秘話

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。