スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ぼくのカーシート
息子の幼稚園では、遠足(field trip)の移動手段として、親の車が使われる。毎回、都合の付く親が運転手となり、子どもを数人ずつ乗せていくのだ。

車を出さない親の子どもは、自分の家の車から、チャイルド・シートだけを持参することになる。

先月の遠足では、息子はチャイルド・シート持参組であった。


今日になって、急にそのときのことを話し始めた。


"Do you remember we got lots of quarters from my car seat?"
(ぼくのカーシートから、たくさんコイン[クオーター]が出てきたの覚えてる?)


そう、確かにチャイルド・シートを取り外したら、ジャラジャラとコインが落ちてきたのだ。なんともだらしない状態だ。

"I just gave a quarter to it and then got back lots of quarters back."
(コインを一枚だけあげたのに、たくさんになって戻ってきたんだよね。)


そんなはずはないが、彼は当然のことのように話し続けた。

"This is my magical chair. Thanks, Mr. Chair."
(これはぼくの魔法のいすなんだよ。ありがとう、いすさん。)


次はビスケットでも入れそうな勢いだった。


カーシートに限らず、彼は、身の回りのものは何か超常能力を持っている、と考える傾向がある。それぞれが何が出来るか(あるいは出来ないか)を自らの想像力で判断するため、そうなっているのだと思う。いわゆる子どもの発想なんだろう。


それにしても、お菓子やお金を増やしてくれる道具というのは、子どもだったら誰もが空想することではないだろうか。僕にも、そんな記憶がある。

子どもに共通な願望といったらそれまでだが、そんな超常現象が実在している可能性がないわけではない。

実際今回だって、コインの数を記録していたわけではない。科学的に増えていないとは断言出来ないのだ。


---
にほんブログ村 子育てブログへランキングご協力感謝です。
スポンサーサイト


テーマ:こどものひとこと - ジャンル:育児

未分類 | 17:02:58 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
Georgiaにはsix flagsという遊園地があります。
その中にある乗り物・・・freefallの座席後ろに手を伸ばすとお金がいっぱい落ちているんですv-237
それはみなさん乗るときにお金を膝に乗せて浮遊を楽しむんですね・・・。
子供心に必死にかき集めたのを思い出しました。
当時7歳のわたしにしたら息子さんと同様・・・magic ride!状態です(笑) さぁ、日本に帰ってきた遊園地に行くと絶対有り得ないことですよね、乗り物にお金が落ちてるなんて。
日本では噴水のなかでもめったにお金なんか落ちてません。
これは結構カルチャーショックでしたね・・・。
2005-11-03 木 15:04:15 | URL | myuママ [編集]
そんなカーシート、あったら欲しいです~

息子君の住んでる世界はほんとに楽しそうですね。

万が一、ほんとにそんなカーシートが存在していたとしても、
きっと息子君のように純粋な心を持っていないと
そういう現象は起こらない、ような気がしてなりません(笑)

2005-11-04 金 08:58:52 | URL | ちゃーち [編集]
myuママさんへ
コメントありがとうございます。Six Flagsって、カリフォルニアにもいくつかあります(というか、多分Six Flagsが各地の遊園地を買収して、名前をくっつけているんだと思います)。

それはともかくとして、そりゃ、子供は必死に集めますよね。夢の乗り物ですよ、まさに。

そして、膝の上でお金を浮遊させるって、楽しそうですが、僕には怖くて到底出来ません^^;

確かに、アメリカの方が、小銭とか落とし物に対する感覚が緩いような気がします。幼稚園でも、子どもがモノをなくしても平気だったり、4歳児にも平気で小銭を持たせり、日本の感覚では考えにくい部分がありますよね。使い捨ての文化なんでしょうか。

あれ、水を見たらコインを投げるのって、日本人の性質じゃなかったでしたっけ?僕の記憶が曖昧になっているようです^^;;
2005-11-04 金 16:37:06 | URL | hop [編集]
ちゃーちさんへ
コメントありがとうございます。近くで見ていても、お気楽で、うらやましくなります。何でも自分の都合のいいようにとらえると、こういった世界ができあがるんでしょうね。

そして、そうですよねー。寓話的な展開だと、もし本当に不思議な現象が起こっていたら、決めつけてかかっている大人には見えないということになります。


はてさて、本当に子供の周りで超常現象って起こっているんでしょうかねー。僕的には、99.9%はあり得ないと分かっていても、0.1%くらいは期待しているかもしれません。いや、あり得ないですね^^;
2005-11-04 金 16:37:23 | URL | hop [編集]
ダイエットとパントテン酸と美容のバランス
パントテン酸は、水溶性ビタミンのひとつです http://akita.crosstudio.net/
2008-11-21 金 07:49:20 | URL | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。