スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
どんな夢
息子は夢について話したがる。寝ているときに見る方の夢だ。

僕がどんな夢を見たのかも聞きたがるし、自分が見た夢についても語りたがる。幼稚園でも、見た夢について語り合っているんだろう。

たわいのない話ばかりなのだが、がんばってドラマチックに物語調にして話そうとするのがおもしろい。

今日の話をメモしてみた。

I had a bad dream.
(怖い夢を見たんだよ)

A skeleton came to our house.
(うちに骸骨がやってきたんだ)

He ate daddy and mommy.
(そしてパパとママを食べちゃったんだ)

But I fought him with my invisible sword.
(でも僕が見えない剣で戦ったんだ)

I cut him into a million and three hundred pieces.
(骸骨を100万と300個(?)に切り刻んだんだ)

Then I took out daddy and mommy.
(それで、パパとママを取り出したんだ)


といった感じだ。

見事な展開だが、少し怪しいことに、彼が見る夢にはパターンがある。

それも、

怪物が現れる、誰かが危機に陥る、息子が救う、一件落着、

の王道パターンだ。基本的には、現れる怪物と、息子が使う武器と技が毎回変わるだけだ。

となると、本当に夢をみているのか、それとも単なる作り話なのか、怪しくなってくる。毎晩そんな痛快な夢を見ているとは考えにくい。

それとも、子どもって、本当に都合の良い夢ばかりをみているのだろうか。

---
にほんブログ村 子育てブログへいつもクリックありがとうございます。
スポンサーサイト


テーマ:こどもの作品 - ジャンル:育児

未分類 | 16:06:43 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
夢の中
夢の中身をこんなに詳細に覚えていて再現出来るって凄いですね!
仮に想像の世界のお話だとしても、筋もちゃんとしているし。
うちの娘はそんな話はしてくれないな~。
想像の中で良く遊んではいますけど。
夢の中では「食べたかったのに~!!」って寝言いったりしますよ(^^;)
結構口元が動いていることが多いので、夢の中でも食いしん坊なのかな!?と想像しています。(笑)
2005-10-21 金 12:45:04 | URL | あひる [編集]
あひるさんへ
コメントありがとうございます。

筋道たてて話を伝えられるようになったのは、結構最近のことです。5歳を過ぎてから急ピッチで取得していったスキルです。
そのため、今はまだ話しくて仕方がない状態なんだと思います。

娘さんも、もうすぐ、いろいろと筋の通った話をするようになると思
いますよー。それはそれで嬉しいことでしょうが、寝言で"食べたかったのにー"というようなかわいさも消えて欲しくないですよね。

2005-10-21 金 18:48:03 | URL | hop [編集]
離婚ナビ
離婚の検索サイト。離婚後、離婚率、相談、慰謝料、離婚届など離婚に関する各種情報をお届けしています。 http://hangnail.hartmerrell.com/
2008-11-30 日 06:56:13 | URL | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。