スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
砂糖ってなんだろう
"It tastes so good. It tastes like lemonade."
(これおいしいよー。レモネードの味がする!)


昨日のpixy stixを食べた息子が、夢心地で語っていた。それほど好きなようだ。そして、

"I can have only one in a day. Then I have to wait for a few days."
(でも一日一つだよね。一回食べたら何日か食べないんだよね。)


と、健気なことも言っていた。これだったら問題ない、と思いきや、

"This is tasty salt."
(これっておいしい塩だよね)


と突拍子もないことを言い出した。砂糖、砂糖と話題にしている割には、砂糖も塩も、よく分かっていないのだ。そして、実は僕も分かっていない。

このままではいけないので、まずは砂糖について一緒に調べてみることにした。

人類がサトウキビ(sugar cane)の存在に気がついたのは、紀元前20,000年頃、太平洋諸島でのことであった。しかし、そこから砂糖を抽出できるようになるには、紀元前500年頃のインドを待たなければならなかった。

インドで開発された砂糖は、徐々に中東まで広まっていった。そして、1,000年以上の時を経て、十字軍がヨーロッパに持ち帰ることになる。当時はスパイスの一種として扱われていたらしい。

砂糖の製法は、ある意味想像通りだ。サトウキビを挽いて砂糖の原液を絞り出す。それを熱して回して、砂糖の結晶を作る。そして、精製工場にて、サラサラの砂糖に作り直す、というものだ。

ただし、サトウキビだけが砂糖の原料なのではない。1700年頃に、ドイツの科学者がテンサイ(sugar beet)による砂糖精製を開発して以来、テンサイを原料とした砂糖も同じように生産されている。ただし、テンサイは挽くのではなく、お湯に溶かして原液を抽出する。

以上が砂糖の概略だ。なかなか興味深いが、はっきり言って幼稚園児とってはどうでもいいことだ。

さぞかし息子は退屈しただろう、と思いきや、サトウキビという植物に大興奮の模様。砂糖は植物から作られている、という事実が、それ以外のことをかき消すほどの衝撃だったようだ。

サトウキビの写真を見せたのが悪かったようで、今日はそれっぽい植物を見るたびに、

"Is that a sugar cane? Can we try that?"
(あれはサトウキビ? 食べれる?)

と、しくこく聞いてくるようになってしまった。

彼には、まだ栽培とか気候に関する知識がない。普段の生活ではサトウキビは見かけないことを理解させるのは難しそうだ。

しばらくは彼の期待を裏切り続けなければならない。


PS.

世間ではすっかり悪者の砂糖だが、砂糖業界では以下のような反論を展開している。

1. 砂糖のとりすぎがADHD(注意欠陥/多動障害)やbehavior problem(行動障害)につながるという科学的証明はない。
2. 果物や野菜の中の砂糖と、精製された砂糖とでは、成分的な違いはない。
3. 低炭水化物ダイエットが効率的である、という医学的根拠はない。
4. 白砂糖には漂白剤は全く使われていない。Brown sugar(赤砂糖?)との成分的な違いはない。
5. 砂糖が虫歯につながるわけではない。食べ物がどれだけ歯に残るかどうかの問題だ。

参考:sugar.com (カナダの砂糖協会) sugar.org (アメリカの砂糖協会)

眉唾物だが、親としてどれだけ砂糖を抑制するべきなのか、分からなくなったかもしれない。

---
にほんブログ村 子育てブログへいつもご協力感謝ですー
スポンサーサイト


テーマ:おやつ - ジャンル:育児

5歳の科学 | 20:23:34 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
突然お塩の登場ですか(^^ゞ

砂糖がインドで開発されたなんて知りませんでした。
テンサイは、うちの近所の畑でも作られてますねぇ。
どうやら家畜のエサになるみたいですが。

実はBrown Sugerは白砂糖より体にいいのかなと思っていたのですが、夫にどっちも同じと言われて半信半疑だったのですが、やっぱりそうなんでしょうかね。
いろいろ勉強になりました。

ベトナムで飲んだサトウキビジュースの味が忘れられません(*^.^*)
2005-10-17 月 08:41:30 | URL | ちゃーち [編集]
先日はコメント頂きましてありがとうございました♪

テンサイの搾りかすを固形にしたものを餌として動物園の牛に与えているのを私も見てきたばかりです。
息子さん、サトウキビに興味があるんですね(^^)
夫は力加減を間違えてかじりついた瞬間に前歯が欠けて、7万円の損失でした(^^;)
サトウキビの堅さ恐るべし!!

どんなものでも良い面、悪い面があると思いますが、業界が不利益を被るような発言を自らしないと思いますので、私も眉唾に一票です。

応援クリックしましたよ~(^^)/
2005-10-17 月 15:15:21 | URL | あひる [編集]
ちゃーちさん、

コメントありがとうございますー。

甘い塩って、妙な発想ですよね。確かに化学的にはsaltがしょっぱいと
決まったわけではないんですが、そこまで考えた上での発言ではないと
思います^^;

テンサイって近くにあるんですか! というか、それ以前にご存じだった
んですね。僕は、この名前を耳にしたのは小学校の社会科の授業以来
です(それも、テンサイバカボン、とかそんな下らないことを言ってい
たので覚えてているだけです)。

ベトナムにはサトウキビジュースなるものがあるんですか。知りません
でした。ちゃーちさんがいらしたときに気がつかれたかもしれません
が、このあたり、ベトナム人街が結構あるんですよ。ベトナム人の友人
に聞いてみます。結構興味あります^^)

そして、僕個人的には、Brown Sugarは白砂糖より身体にいいと思い
ます。根拠はありませんが^^;;
2005-10-18 火 13:43:01 | URL | hop [編集]
あひるさん、

コメントありがとうございました!

あひるさんも、テンサイってご存じだったんですね。もしかしたら
僕だけが知らなかったのでしょうか^^;

サトウキビって、そんなに堅いものなんですか。7万円という金額
もさることながら、物理的にも相当痛かったのではないでしょうか。
想像すると鳥肌がたってきます。

実物にありついたとしても、無理に噛みちぎろうとしないように
します^^)

そうそう、以前頂いたお返事に関してでですが、お察しの通り僕は
理系です。時々理系臭さが出るかもしれませんが、どうぞよろしく
お願いいたします。
2005-10-18 火 13:44:06 | URL | hop [編集]
カーペット
カーペット http://cobaea.archiunite.net/
2008-12-01 月 05:08:54 | URL | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。