スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
願い虫
クルマの窓に、小さな緑の虫がついていた。無視していいくらいの大きさだったが、臆病な息子はビクビクしながらクルマに乗り込んだ。

ドアを閉めたときに、虫はポロっと落っこちた。それだけのことかと思いきや、走り始めたら、興奮して虫のことを話はじめた。

"That was a wish bug!"
(あれ、願い虫だったよ!)


僕の知っている限り、伝説でもそんなものは存在しない。

"Did you make a wish?"
(願いごとはした?)


などと言ってきたが、僕は虫に対して願いごとなんてしない。そもそも、大人は流れ星を見たって、願いごとなんてしないものだ。

じゃあ、息子は何をお願いしたか聞くと、

"It is a secret. If I tell you, it won't come true."
(秘密だよ。教えたら実現しなくなっちゃうから。)


だそうだ。そうですか、としか言いようがない。

その場の思いつきなのか、幼稚園でみんなそんなことを言っているのか。いずれにしろ妙な発想だ。

虫を見る度に願いごとをしているのだとしたら、随分都合のいい話だ。おそらく、特定の虫である必要があるのだろう。どれだけ頻繁に願い虫を見つけることができるのか、しばらく注意しておくことにしよう。

もしかして、あれは本当に特別な虫で、子どもにしか見えない何かがあったのかもしれない。

...そんなことはないか。


---
にほんブログ村 子育てブログへランキングクリック、よろしくお願いします
スポンサーサイト


未分類 | 17:11:24 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
願い虫ですか~
そんな虫がいたらいいですね♪
息子君は何をお願いしたのかしら~?
ちょっと気になります。
今後の観察レポート、楽しみにしてますね!
2005-10-03 月 22:25:11 | URL | ちゃーち [編集]
こんにちはー。コメントありがとうございます。

自分が何をお願いしたのか、絶対言わないんですよね。
恥ずかしいだけなのか、それとも本当に秘密にしないと
いけないと思っているのかは、今ひとつ不明です。

いったいどんな願い事を持っているんでしょうね。これだけ
毎日対話していても、全く見当がつきません。子供の気持ち
って、わかっているようで、わかっていないのかもしれませ
んね。

ちなみに、あれ以来"wish bug"は現れていません。
本当に年に一回程度しか現れなかったら関心するのですが、
どうでしょう。
2005-10-04 火 16:28:19 | URL | hop [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。