スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Why did you come home?
幼い子どもがかわいく思えるのは、親の顔を見て素直に喜んでくれるからだろう。

社会生活一般において、これだけの光栄に感じられることは滅多にない。そして、そんな時期はあっという間に終わってしまうものだ。親としては、喜んでくれる時期をせいぜい楽しむべきなんだろう。そんなことを考えながら、金曜日の今日、早めに仕事を切り上げた。

しかし、そこで待っていた息子の言葉は、

"Dad, why did you come home?"


随分じゃないか。さらに、怒っている雰囲気はなく、真剣に困惑している表情だ。なぜかと聞き返すと、こういう論理らしい。

1. 父親はお金を稼ぐために仕事に出ている
2. 仕事は沢山するほどお金はもらえる
3. 早く帰ってきたら少ししかお金をもらえない

なるほど。これでは父親の立場がないのでは、とも思ったが、動物的にかなり本質をついているのかもしれない。

幸いなことに、彼はお金の単位までは分からない。彼にとっては、"100は大金"というのが唯一の知識だ。

"You did not get 100 today."

と残念そうに言うが、これなら僕も心理的に傷つけられることはない。

しかし、あと10年もしたら、100が具体的な金額に置き換わっているのだろうか。そして、金額によっては、露骨に嫌な顔をされるのだろうか。

かわいく思えるのは今のうちだけか?
スポンサーサイト


未分類 | 16:48:27 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。