スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ポテトチップス
"I want to try potato chips."
(ポテトチップスって、食べてみたいな)


突然息子が言い出した。何を言っているんだ。いつもボリボリ食べているじゃないか。子どもの世界はポテトチップスで溢れかえっている。世界の常識だ。さらに、彼はアメリカで生まれ育っている。

いつもチップス食べてるじゃない、というと、

"I only have tried tortilla chips."
(トルティヤチップスしか食べたこといよ)


と、呆れたように返事をしてきた。

そう言われれば、彼は正しいのだ。食べたことがない、といったら言い過ぎだが、記憶に残らない程度にしか食べたことがないのは事実だ。

僕は、息子の食生活にあまり注意を払っていない。アメリカ在住の日本人としてはかなり緩い方だと思う。マクドナルドもバーガーキングもOKだし、ピザもホットドッグも食事として認めている。アイシングのついたカップケーキもドーナツも食べさせるし、JelloもM&MもJelly bellyも排除していない(それどころか一緒に食べている)。

それでも、無意識のうちに、ポテトチップスだけは割けて通っていた。多分にイメージの問題だろうが、どうしても罪悪間がある。トルティヤチップスをサルサにつけて食べたり、ナチョスを食べたりしているので、実質的には避けている意味はないのだが、気分の問題だ。

そんなわけで、たまたま彼にポテトチップスを与えていなかったのだ。

ここまでポテトチップスの洗礼を受けてこなかったのは、むしろ良いことだと思う。問題はこれからだ。彼の中では、もう憧れの食べ物にまで昇格してしまっている。与えたくはないが、このまま与えないでおくと、どこかで反動が出るような気がする。

小さなことだが、悩みどころだ。

---
にほんブログ村 子育てブログへランキングクリック、よろしくお願いします
スポンサーサイト


未分類 | 14:48:01 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ポテトチップス
ポテトチップスポテトチップスとは、ジャガイモ|じゃがいもを加工した菓子。一般的には薄切りにして揚げたものを指す。ポテチと略されることもある。歴史英語版Wikipediaによれば、アメリカ合衆国ニューヨーク州サラトガスプリングス(Saratoga Springs)のレストラン the Moo 2007-03-16 Fri 00:29:14 | ポテトチップスの思い入れ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。