スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
シビレエイ

ふとしたことから、この世にシビレエイなる生物が存在することを知った息子。日本語だとなんとも間抜けな名前だが、英語名は"Electric Ray"と、妙に格好いい。

その名前にグロテスクな風貌が加わり、いてもたってもいられないくらい興味が沸いてきたようだ。

"Where can I find it? Can I touch it?"
(どこにいるの?触れるの?)

そんなこと言われても、僕だって実物は見たことない。それにビリビリ電気が来たら嫌じゃないか。出来れば出会いたくない類のものだ。

実は、息子はビリビリも大歓迎なのだ。どういう神経をしているのか、普段の生活でも静電気が大好きなのだ。

"How can it be charged? Does it have a battery in it?"
(充電はどうやるの?電池が入っているの?)

また暴走している。彼の中では、海に住む(ピカチュウ+トランスフォーマー)/2といった感じになっているようだ。

どこかで現実を教えなければいけないが、目を輝かせている五歳児の夢を壊すわけにもいかない。とりあえずは、本とネットで想像を膨らませてもらおう。

しかし、今日の親子の話題はシビレエイ、ってのはいいんだろうか。
スポンサーサイト


未分類 | 17:43:22 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。