スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Where do hummingbirds live?

僕らの目の前で、ハミングバードが木に止まった。いつもは飛んでいる姿しか見れないので、息子は興味津々。ハミングバードも空気を読んでくれたのか、しばらく木に止まった状態で、かわいらしい仕草を披露してくれた。

幼稚園に行くことも忘れて、しばらく見入ってしまった。どれだけ見ても飽きることがない、すばらしい生き物なのだ。

当然のごとく、5歳児の好奇心は極限まで鼓舞される。僕は可能な限り質問に応えてみた。

"Do hummingbirds eat worms?"
(ハミングバードはミミズとかを食べるの?)

いや、それは違う、長いくちばしを使って、花の蜜を吸うのだ。多分、それで正解だ。

息子も納得したようだ。あのくちばしでは虫は食べられないし、花に群がっている姿も何度も目撃している。

"Where do hummingbirds live? Do they sleep flying?"
(ハミングバードってどこに住んでいるの?飛んだまま寝たりするの?)

木の中に巣を作って、そこで寝るのだ。全く自信はないが、そう応えてみる。

しかし、ここから予想外の展開になった。息子の頭の中では話が発展してしまい、

"I will cover the eggs with my jacket and keep the babies and ....."
(卵を僕のジャケットで温めて、それで赤ちゃんが生まれたらもらってきて、、、、、)

暴走だ。気持ちは分からないでもないが、彼の気持ちを静めるには、まずは動物の母子関係から理解させなければいけない。そこまで集中力が持つはずもないので、巣を見つけることは出来ないということで納得してもらった。

生き物対する興味が出てきたのは嬉しいことだ。しかし、同時に、生き物に対する責任も理解させなければいけない。これは難題だ。




追記:

これがハミングバードの巣だそうです。雛鳥を見てみたいと強く思いますが、素人が見つけられる代物ではなさそうです。
スポンサーサイト


未分類 | 17:18:34 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。