スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
It will make you feel better.
子どもはシリアルにうるさい。息子も例外ではなく、シリアルには一言も二言も持っている。

それを差し引いても、今日の買い物では必死にシリアルを吟味していた。

熟考の末、彼はシンプルなチェリオを選んだ。キャラクターも奇抜な色もないシリアルだ。意外な選択だった。

いぶかしく思っていると、このチェリオは僕のために買ったのだという。

"It will fix your eye. It worked for me when I got it."
(これでパパの目は治るよ。僕がかかったときも効いたんだから。)


僕の目には、ものもらいが出来ていたのだ。これが子どもの優しさというものなのか、そんなことまで気にかけていてくれるのか、と感動していたのもつかの間、食べろ、食べろとうるさい。

"It will make you feel better. Eat it."
(元気になるから食べなよ)


"Look at the heart shape. It means this is good for your health."
(このハート型は健康にいいってことなんだよ)


だそうだ。確かに、このハート型は、「チェリオはコレステロール値を下げるかもしれないので、心臓にいい」というメッセージをイメージ化したものだ。外れてはいない。

あまりのしつこさに、うんざりしてきたが、息子がこれほど純粋に心配してくれるのは今のうちだけだろう。気持ちもチェリオもありがたく頂くことにしよう。

かくして明日の僕の朝食はチェリオとなった。そして、その頃にはものもらいも治っているような気がする。

チェリオは、息子の万能眼科薬として認定されることだろう。

Cherrios
スポンサーサイト


未分類 | 17:14:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。