スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Premium Car Wash

幼稚園の近くのガソリンスタンドには、洗車機が併設してある。ガソリンを入れたら、生産時に"洗車もいかがですか" と聞いてくる(液晶画面上での話だが)。そこでYesと応えると、レシートに、洗車の整理番号が付記されてくる。その番号を入力すると、洗車の機械に進入できる、という仕組みだ。

息子は、ここの洗車機が大好きだ。ガソリンを入れるたびに、洗車をせがんでくる。

今日は金曜日だったし、クルマも汚れていたので、要求を受けいれることにした。

洗車機の入り口で整理番号を入力すると、

"Welcome to *** carwash. You purchased the premium package. The best car wash money can buy!"
(***カーウォッシュにようこそ。プレミアムコースのお買い上げいただきありがとうございます。お金で買える最高の洗車でございます。)

などとチープなことが、チープなスピーカーから流れてくる。人間の手を介さない$5の安洗車なのに。しかし、これは5歳児には効くのだ。

"Did you hear that? This is the best car wash!"
(ねえ、聞いた?最高のカーウォッシュなんだって!)

と興奮気味になってしまった。

そんなことを言っていても、実は彼は少し怖いのだ。大好きと言い張っているが、昔は途中で泣き出していたのだ。前の車を見ながら、

"Does it look scary? Does it look gobbling a car?"
(怖い?クルマを食べちゃってるみたい?)


などと言う。全般的に饒舌なのは、緊張しているからなのだ。

僕らのクルマが洗車機の中に進むと、轟音を立てながら、泡、水、ブラシ、空気が次々とクルマに襲い掛かってくる。確かに子どもにはちょっと怖いものかもしれない。とりあえず表面上は、大騒ぎして喜んではいた息子だった。

そんな中で異変が起こった。バキッと音を立てて、アンテナ折れてしまったのである。

長年大事にしているクルマなので、それなりにショックである。しかし、焦る息子の手前、悲しそうにすることも出来ない。大丈夫、なくてもいいものだから、と意味不明の説明をしておいた。その場では納得してくれたが、走り出してから他のクルマを見ながら、

"Everybody has straight one. I guess you should buy new one."
(みんな真っ直ぐだよ。新しいの買ったほうがいいんじゃないの?)


その通りだ。僕だって、このまま放置したくはない。しかし、ここは平静を保つに尽きる。これは曲がっていてもいいんだよ、というと、

"It's not expensive. It's just one dollar. Let's buy one."
(高くないよ。たったの一ドルだよ。買っちゃおうよ)


だそうだ。何を持って一ドルなのだか不明だが、とりあえず僕としてはアンテナのことはどうでもいいと思えた瞬間であった。

スポンサーサイト
未分類 | 16:59:55 | Trackback(0) | Comments(0)
まとめ買い Flavor Splash!
二度目の画像も同じネタだ。飲み物マニアでもないのに、こんな写真をアップロードし続けているのは、なんとも情けない話だ。

しかし、息子にとっては、歴史的出来事だ。

Flavor Splash again!

あのFlavor Splashが35本、まとめてやってきたのである。




"Flavor Splash is the best drink in the whole world!"
(Flavor Splashは世界一の飲み物だ! *)


といいながら、35本のパッケージを嬉しそうに眺めていた。記念撮影に値するほどの勢いだった。ちなみに、これは妙に安い買い物で、Costcoで9.95ドルであった。一本あたり28.4セント程度ということになる。

パッケージに書かれているように、味は
 Raspberry
 Citrus Blend
 Wild Berry
の3種類だ。どれも中途半端な味がにじみ出る名称だが、前回書いたとおり、子どもにはちょうどいいのだろう。

この味付き水、息子の幼稚園でも大流行のようで、毎日のように、誰と誰がFlavor Splashを持ってきた、という話を聞かされている。

かく言う僕も、これを子どもとの交流の題材に使わせてもらっている。Flavor Splash最高だね、といっているだけで、息子が目を輝かせてくれるのだ。安いもんじゃないか。そして、そんな時期はこの先長くは続かない。僕も精一杯 Flavor Splashを飲んでいくことにしよう。



*) 英語のdrink、日本語の飲み物というと、アルコール飲料が思い浮かぶが、子どもの世界ではその意味はない(はず)。また、小さい子どもはbestのことをbestestと言う傾向が強い。息子もずっとbestestと言っていたが、いつしかbestと言えるようになっていた。

未分類 | 16:58:14 | Trackback(0) | Comments(0)
Owls move only in the night.

交差点で信号待ちをしているとき、息子が、

"I see an owl." (フクロウだ!)


と叫んだ。市街地だったので、そんなことはありえないと思いきや、かなり本気の様子。

説明させると、角にあるマクドナルドの屋上を指差し、

"It's up there. It's real." (あそこだよ、本物だよ)


と真剣に主張していた。そうこうしているうちに信号が変わってしまい、僕はフクロウを拝むことが出来なかった。フクロウなんて動物を知っているのは驚きだが、なんかの物語に登場するのだろう。

翌日、同じところを通りがかると、また同じ場所にとまっているという。だとしたら、何かフクロウの形をしたものに違いない。しかし、本当だったとしたら、、、僕だってフクロウが間近で見れるもんなら見て見たい。意を決して至近距離から観察することにした。

我々の目に飛び込んできたのは、作り物のフクロウであった。一瞬、本当にフクロウだ!と興奮したが、この意味不明さに一気に興ざめとなった。

なんだ、動かない偽者だよ。

といっても息子は全くひるまない。

"No, it does not but it's real." (動かないよ。でも本物だよ)


なんで

"It does not. Owls move only in the night, you know." (動かなくていいんだよ、フクロウは夜しか動かないんだよ)


彼の知識では論理は一貫していて、疑問をはさむ余地はないのだ。

というわけで、明日の朝も、フクロウはマクドナルドの屋根の上、じっと眠っていることだろう。

未分類 | 16:56:23 | Trackback(0) | Comments(0)
Bike day
正式には、息子の幼稚園は8月の終りまで夏休みだ。しかし、その間もsummer schoolと称して、毎日同じように通園している。指導内容を多少変えているのだろうが、そもそも普段どういう授業が行われているのか知らないので、違いを知る由もない。

ただし、夏休み気分を盛り上げるためか、毎日なんらかの企画が用意されている。これは目に見える違いだ。

その中でも、息子のお気に入りは、bike dayと呼ばれるものだ。この日は、自転車、三輪車の類を持って来て、休み時間等に園庭で乗り回していい、という単純な企画だ。単純なだけに使いやすいようで、毎週一日必ずbike dayが設定されている。

確かに、毎日通っている場所で自転車を乗り回せる、と考えたら気分がよさそうだ。

基本的には自転車を乗り回しているだけだが、そこには5歳児社会には5歳児社会なりの競争がある。そう、補助輪(training wheels)なしで走れるかどうか、だ。残念ながら息子は補助輪なしでは走ることは出来ない。それが出来るのは、見るからに運動選手(athlete) という感じの男の子一人だけだ。

このbike day、息子にとっては、自転車を乗る楽しさと、微妙なライバル心が交じり合って、幼稚園時代の夏のかすかな思い出になるんだろうか。

どうでもいいことだが、日本語のバイクって、オートバイのことを指すと記憶している。アメリカではbikeといったら自転車の略だ。bicycleの略語なわけだから、英語の方が正しいような気がする。それとも、日本でも今は自転車のことをバイクと呼んでいるのだろうか。

ちなみに、オートバイに対応するのは、motorcycleなのではないだろうか。まあ、僕は2輪の車両には全く乗らないので、あてにはならないが。

未分類 | 16:55:24 | Trackback(0) | Comments(0)
I am allergic to cats.

息子は猫が嫌いだ。猫がいると顔が青ざめるくらい嫌いだ。

きっかけとなったのは、近所にいる飼い猫だ。やたら人なつっこく、目が合うとニャーニャーいいながら寄ってくる。それを見て多くの人間が、かわいい、かわいい、と喜ぶので、余計調子に乗っているのだ。

それがどうしようもなく怖いらしい。

さらに悪いことに、逃げようものなら、走って追っかけてくる。猫らしくなくてかわいいと思うのだが、恐れている息子にとってはとんでもない悪循環だ。

かくして、彼は大の猫嫌いになった。

しかし、プライドがあるらしく、猫が怖いとか猫が嫌いとは言えないのだ。そこで出てきたのが、

"I am allergic to cats." (僕は猫アレルギーだ)

という表現だ。これはかなり頻繁に口にする。さらに、怖いもの全般にも使っているようだ。

"I am allergic to bees." (僕はハチアレルギーだ)

などとも言っている。

まだ彼にはアレルギーという概念はないはずなので、苦し紛れに聞きかじった言葉を真似しただけなんだろうが、なんとも大人っぽい表現だ。

それとも、失礼な話だが、"僕はコンピューターアレルギーでね"などという表現を使う人の思考回路は5歳児程度ということなんだろうか。

未分類 | 16:54:46 | Trackback(0) | Comments(0)
Flavor Splash!
これからは画像も使って行こうと思う。

Flavor_Splashといいつつも、いきなりこんな画像だ。これは最近息子がお気に入りの飲み物だ。Flavor Splashといい、Pepsiが出しているAquafinaという水の味付けバージョンだ。そのものずばり、http: //www.flavorsplash.com というサイトもある(この段階で、写真をアップロードした意味はなくなるわけだが、そこは追及しないで欲しい)。


大人から言わせたら、なんとも中途半端な飲みものだが、それが子どもにはちょうどいいみたいだ。実は僕も好きで飲んでいるから、偉そうなことはいえない。さらに言うと、AquafinaもAquafina Sparklingも愛飲しているので、僕の方が引っかかっているのだ。

ちょっとした経緯から、息子は砂糖(sugar)は良くないものだと思っている。"Sugar is not healthy." それ自体は見上げた態度だ。しかし、その裏を取って、砂糖が入っていないものだったら、いくら飲み食いしてもいいと思っている。


そして、このFlavor Splash、思いっきり"No Sugar"を売り文句としているのだ。目に付くところに思いっきり分かりやすく書いてあるので、5歳児の読解能力にもメッセージが伝わってしまうのだ。それを見つけて以来、

"This is No Sugar! That means this is healthy!"

と、どこに行ってもFlavor Splashを買わされる羽目になってしまった。

いずれブームはさるのだろうが、またまたマスマーケティングの餌食になった僕らなのだ。

未分類 | 16:53:21 | Trackback(0) | Comments(0)
I want the Jedi costume.
ゲーム以外のメディアの影響力も恐ろしい。

Star Wars映画公開時は、幼稚園中がその話題で持ちきりであった。親兄弟が話していたこともあるのだろうが、基本的にはマーケティングの勝利だ。ストーリーも全く分からない子どもたちにここまで浸透すれば、広告関係者も本望なはずだ。

しかし、彼らは映画のチケットを買うわけではない。本当に勝利かどうかは、実は疑問だ。

それでも、Jedi, Darth Vader, Yoda, Lightsaberといった単語は、5歳児の会話の中にすっかり定着していたのだ。ただし、彼らの知識は非常に単純化されたものだ。

Jedi = 強い人たち
Lightsaber = すごい武器
Yoda = 小さい動物
Darth Vader = いい人か悪い人か議論が分かれている


といった程度のようだ。それなりにポイントを抑えているのは面白いところだ。

そんなStar Warsブームも忘れ去られてかけていた先日、ハロウィーンのコスチュームのカタログが届いた。気が早すぎる話だと捨てようとしたところ、息子が食い入るように見始めてしまった。どうせ今年もPower Ranger(現在進行形なのはSPDデカレンジャー相当)になるに間違いないと思いきや、

"I want to get this Jedi costume."


だそうだ。彼の中では、そこまでの位置を占めていたのだ。メディアのパワーおそるべしだ。

まあ、Jediを目指してがんばってくれるのなら、親としては文句はないが。

未分類 | 16:50:46 | Trackback(0) | Comments(0)
You are on the level 2.
ゲームの影響力は恐ろしい。

教育業界や父母業界では盛んに議論されているのかもしれないが、子どもに対する影響力は、すでにテレビの比ではない。子どもという大きな枠組みで見たら、インターネットの方が大きな存在だろうが、幼稚園児だけ、それも男児をみたら、ゲームが最強のメディアである。

先週、僕の稼ぎを気に留めてくれた息子は、今度はゲーム的な表現で、僕の勤労状態を評価してくれた。

"Remember, you are on the level 2."


だそうだ。今まで仕事をがんばったので、レベル1をクリアしたことになっているらしい。これは褒められているようだ。そして、

"When you are done with the level 2, you will go to the next work."

だそうだ。何がどうしたらレベル2なのかは不明だが、これがクリアできたら、新しい仕事に就けるそうだ。がんばったら転職できるということなのか。

ひとつポイントはついている。僕の仕事なんてその程度ものだ。"レベル2"をクリアできずに、ダラダラと同じことを繰り返しているわけだ。

彼が自分で職を持つ日が来ても、このゲーム感覚を忘れないで欲しいものだ。少なくとも、その方が楽しそうだ。

未分類 | 16:49:16 | Trackback(0) | Comments(0)
Why did you come home?
幼い子どもがかわいく思えるのは、親の顔を見て素直に喜んでくれるからだろう。

社会生活一般において、これだけの光栄に感じられることは滅多にない。そして、そんな時期はあっという間に終わってしまうものだ。親としては、喜んでくれる時期をせいぜい楽しむべきなんだろう。そんなことを考えながら、金曜日の今日、早めに仕事を切り上げた。

しかし、そこで待っていた息子の言葉は、

"Dad, why did you come home?"


随分じゃないか。さらに、怒っている雰囲気はなく、真剣に困惑している表情だ。なぜかと聞き返すと、こういう論理らしい。

1. 父親はお金を稼ぐために仕事に出ている
2. 仕事は沢山するほどお金はもらえる
3. 早く帰ってきたら少ししかお金をもらえない

なるほど。これでは父親の立場がないのでは、とも思ったが、動物的にかなり本質をついているのかもしれない。

幸いなことに、彼はお金の単位までは分からない。彼にとっては、"100は大金"というのが唯一の知識だ。

"You did not get 100 today."

と残念そうに言うが、これなら僕も心理的に傷つけられることはない。

しかし、あと10年もしたら、100が具体的な金額に置き換わっているのだろうか。そして、金額によっては、露骨に嫌な顔をされるのだろうか。

かわいく思えるのは今のうちだけか?

未分類 | 16:48:27 | Trackback(0) | Comments(0)
Wacky Wednesday

幼稚園に向かう途中、息子のテンションが高めであった。どうでもいいことを指摘しては、"What a wacky day!"といちいち言っている。

"A flower in the tree? What a wacky day!"
"They are fixing the house? What a wacky day!"
"A bird on the signal? What a wacky day!"


植物や鳥の指摘は毎度のことだ。しかし、いちいち驚いたような口調で話しているのは、明らかにおかしい。どう考えても驚くような事柄ではない。そして、この"What a wacky day!"は今日始めて聞く台詞だ。

きっと何か幼稚園でのお話かなんかだろう、と聞き流していたら、"Wacky Wednesday!"と小さく付け加えていた。

なんだ、そういうことなのか。おそらく幼稚園でこの本を読んでもらったんだろう。

納得だ。彼の発見はそれほどwackyではなかったが、何がやりたいのかは理解できた。そして、この本が気に入ったであろうことも分かった。

今日は実際に水曜日だった。まだ彼には曜日の感覚はそれほど備わっていないはずだが、単なる偶然だったのだろうか。

未分類 | 16:47:27 | Trackback(0) | Comments(0)
この水寒くないよ。
息子は日本語が話せると主張している。最低限の会話は出来るので、字面の定義から言ったらその通りだ。

しかし、彼の日本語は怪しい。そもそも5歳児の日本語なんて、日本で生まれ育っても怪しいものだろうから、別に文句はない。そして、面白い間違え方をしてくれるので、僕としては楽しませてもらっている。

ほとんどの間違えは、限られた語彙で翻訳することに起因しているようだ。例えば、

"この水寒くないよ"

"This water is not cold."を彼なりに翻訳しているのだろう。水が寒いだったら、語感的にそれほどおかしくないが、"ミルクが寒い"という用法もあり、こうなると一瞬戸惑ってしまう。

"やさしくない!"

これは彼が怒っていて、かつ日本語で話さなければいけないときに出る台詞だ。タイミングから考えて、"That's not nice!"の翻訳だ。なんとも中途半端だが、必死に自己主張している気持ちは伝わってくる。ちなみに、この一文は、幼稚園で非常に頻繁に耳にする。そもそもは先生がしかるときに使う台詞なので、当然、子どもたちが真似するというわけだ。

こんな日本語では先が思いやられるのだろうが、名作を残してくれれば、僕としては十分満足だ。

未分類 | 16:45:31 | Trackback(0) | Comments(0)
I want to go to Pluto.
幼稚園の宿題に、太陽系(solar system)の模型を作って来い、というものがあった。

文字すらまともに読めない子どもに何の意味があるのだろう、と思いきや、子どもにとって惑星(planet)は意外と身近なもののようだった。写真を見ながら、"That's Venus!" とか "That's Mercury!"などと叫んでいるのだ。僕にとっては、それが正解なのかもわからない。さらに言えば、本当に写真なのか、絵画なのかもわからない。

おそらく、子どもたちにとっては、動物の名前を覚えるような感覚なんだろう。

僕が惑星について知識がないのは、幼稚園のころの記憶が薄れたからなのではなく、一度たりとも覚えたことがないからだと思う。こんなことをやらせるのは、アメリカだからなのだろうか、それとも時代の変化なのだろうか。

理由はどうあれ、この教育は確実に子どもたちに影響を及ぼしている。うちの息子も、"I want to be an astronaut when I grow up." などと宇宙飛行士を希望職種にしている。そして、お気に入りの惑星まである。冥王星(Pluto)だそうだ。多分一番小さくて目立っている、という程度の単純な理由だろう。

21世紀は宇宙の時代なのだ、と言えないこともない。

宇宙飛行士を目指してくれるのは嬉しいことだが、"Where do you want to go?"という質問に、"I want to go to Pluto!"と応えるようになってしまった。無理だと言い聞かせようとすると、"I can run fast!"だそうだ。宇宙飛行士になるためには物理学の基本が足りていないようだ。

夢を宇宙に広げるのはすばらしいことだ。しかし、生きている間には、冥王星はいけない、と気づく日が来るのだ。そのときはさぞ失望することだろう。それとも、そんなことを言っている僕の知識が錆付いているのだろうか。

未分類 | 16:44:31 | Trackback(0) | Comments(3)
Dad, you can't even write.
僕は単なる会社員だ。特筆することは何もない。そして息子は健康な、どこにでもいる5歳児だ。今のところ、特別な才能を持っている様相は示していない。つまりは、ごく平凡は親子なわけだ。

しかし、2点ほどちょっと変わったことがある。

まず、僕は平均的父親以上に子育てに参加している。別に意識的にそうしているわけでも、教育に情熱を注いでいるわけでもない。いくつかの偶然が重なって、結果的にそうなっているだけのことだ。

もうひとつ、僕らはカリフォルニアで暮らしている。息子はここで生まれた。人種は純粋な日本人だが、国籍上はアメリカ人になる。僕と息子は英語で会話をする。意識的にそうしているわけではない。世の中で言うバイリンガル教育を無視していたら、いつの間にか息子が日本語を話さなくなってしまっただけのことだ。

このブログでは、そんな僕らの毎日を記録していきたい。5歳児が言語を習得していく過程や、社会に適合している過程は面白いものだ。それに、不器用な父親の姿と、日英語の違いを散りばめていけば、僕の表現能力の低さを補っても十分に面白い記録になるような気がする。

ただし、僕は教育熱心なわけでもないし、日本での子育て経験があるわけでもない。比較文化論などの素養もない。言語学は好きだが、言語教育等の知識は全くない。そんな僕が面白いと感じたことでも、他の人には常識に過ぎない可能性もある。そのあたりはあらかじめ割り切っていきたい。まあ、そんな言い訳をしなくても、そもそも誰も読まない可能性だってあるわけだ。

"Dad, you can't even talk." 僕は英語がネイティブではない。言い訳がましいが、それ故、英語の発音を間違えることがある。その都度、息子から容赦なく、そう言われる。いつか息子がこのブログを読んだときに、"You can't even write."と言われないことを願うのみだ。

未分類 | 16:42:51 | Trackback(0) | Comments(1)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。